引越

2011/3/7に横浜市から栃木県下都賀群壬生町へ引っ越しました。


昨日まで住んでいた横浜からは、およそ150Kmの道のりです。左に今回の道筋をGPSで記録した地図がありますが、近いような遠いような。。。


当日は朝からで、本当に引っ越しできるのか不安でしたが、午後からは小雨に変わって、一安心しました。


玄関からは出せない机を窓から下ろしてもらって、積み込みは完了。

今回はDuckさんの午後からプランを頼みました。引越業者の善し悪しは、結局担当者に依存すると思いますが、今回の担当者の方々は作業も手早くとても好印象でした。リーダの方がメンバに、「効率を考えろよ。置いたらまた持たなきゃ行けないだろ、そのまま持って行け!」と叱咤していましたが、なかなか含蓄のある言葉だなぁ、と感心してたりしました。今回自分で作った段ボールが24個。その他に大物や箱詰めできなかったものもありますが、これらの荷揚げ、荷下ろしがそれぞれ1時間半でなかなか効率的に作業してもらえたと思っています。午後2時から開始して、午後7時半終了。この日は荷物を運び込んで終了です。
唯一の問題が、吊り下ろしてもらって持ってきた机が、新居に入らないこと。ドアからは入らないだろうと予測していたのですが、構造上窓からつり上げることもできず断念。この机は大学時代に350円で購入し、3000円掛けて塗装して、20年以上使っていたものなので、とても残念です。処分するしかないかと思っていたのですが、親類の観光ぶどう園で作業机として使っていただけることになりました。ニスを20回近く塗っており、水にも強いはずなので、末永く活躍してくれることを期待します。


翌日3月8日に開梱。
左の状態から右の状態へと、あっという間にきれいに片付きました。段ボールを無くした、というだけなので、課題は多々ありますが、とりあえずは生活できそうです。
机がないとパソコンや資料が片付かないので、実家から机を持ってきました。軽トラ持っててよかったなー、と思った瞬間です。ちなみに、この机は高校まで私が使っていたものなので、出戻ってきた感覚です。


今回の引越が手際よく進んだのは、両親が全面的に協力してくれたおかげです。不動産屋さんとの事務手続きのため、遅れて横浜を出発しないといけない私に代わって荷物の運び込みの指示をし、また、段ボールの開梱もかなりお願いしました。机のトラブルに際しても、実家の机を代替する案を出してくれたりとか、大助かりです。ありがとうございました。一緒に写っているのは甥っ子の和己(なごみ)君です。


ありがとうつながりで、先週までの宴会でいただいた贈り物をご紹介。
定番のお花です。いただいたのが2月24日なのですが、撮影は3月8日。まだまだ元気に咲いています。RFDの方々、ありがとうございました。


軍手。必需品ですね。ちょっと数が多いような気もします。品質管理室&NASAの方々、ありがとうございました。


手ぬぐい。よく見ると、「うまく行く、うまく キタ~!」と激励の言葉が入ってます。感謝感謝。品質管理室&NASAの方々、ありがとうございました。


農鍛冶さんの「ちび鉈」です。まだ使うシーンを思いついていないのですが、いずれ使わせていただきます。笹川さん、ありがとうございました。


日東紡のヒアルロン酸配合 保湿水。「水仕事の合い間の手に傍において、気付いた時にいつでも保湿肌の水分を補い保つうるおい成分が、乾燥を防いでやさしく手肌を守りますべたつき感が少なく、臭いも気にならないのでお仕事の途中でも手軽に使えます 」とのことです。横地さん、ありがとうございました。


ロクシタンのハンドクリーム。いただくまで「ロクシタン」って読めませんでした。すいません、ブランドには縁がないんです。。。でも、効きそうな気がするのでバンバン使わせてもらいますよ。白川(寺門)さん、ありがとうございました。


目覚まし時計。これからは早寝早起き。温度と湿度も測れます。真士さん、ありがとうございました。


(番外編)何を隠そう2月14日のエントリと同じ写真ですが、ゲートプロテクターの装着も手伝ってもらってます。三浦さん、ありがとうございました。

カテゴリー: 新規就農 パーマリンク

3 Responses to 引越

  1. ハシモトブンゼン のコメント:

    引っ越しお疲れ様でした。いつから学校?

  2. たけ のコメント:

    4月14日が開校式との連絡がきました。

  3. ピンバック: お肌のお手入れ | 栃木で新規就農

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です